模型の最近のブログ記事

これまたお酒の力でポチッとしてしまったジャンクな気動車。

北海道で走っていた気動車らしい。

ジャンクな理由は,モーター車が動かないといったものだった。

この車両もずいぶんと昔に発売された初期ロットのタイプらしい。

動かないので,モーター車をまず分解し,その動かない原因をつきとめた。

理由は,レールから電気を取り入れる金属部分が無い事だった。

片方には金属パーツが1セットあったが,もう片方がまったくない(金属ばねもない)。

お店でパーツを探してもらったが,あまりにも古いタイプなので,パーツが無く,その代替品も無い。

どうしたものかと思案していたが,埒があかないので,ホームセンターで0.3mの銅板を購入し,それっぽく製作してみた。

うまくいったようで,現在は,5両編成で快調に走っている。

後は,台車が無い1両とキサハロという2階建ての中間車を整備して増結するかな。

P1210619.jpg

P1210612.jpg

P1210607.jpg

P1210604.jpg

P1210609.jpg


私が,小学生の頃,ブルートレインといえば,24系25形の客車が主流でした。

当時は,鉄道模型もブルートレインが人気があり,私も買い求めた一人です。

オハネフ(B寝台(車掌室あり)),オハネ(B寝台),オシ(食堂車),オロネ(A寝台),カニ(電源車)を購入したものです。

最近ではあまりブルートレインが走っていないからでしょうか,それとも列車形式が古いからでしょうか,オークションでも格安で売られていましたので,追加車両として購入してみました。

P1180986.jpg


P1180981.jpg


P1180988.jpg

 引っ越しをしてから早1ヶ月半,まだ落ち着かない。

しかし,肉体的,精神的に疲れてしまった。

そこで,久しぶりに運転会をしてみた。

 手元には,固定ジオラマからはがしたであろうボロボロになったレールやポイントを格安で譲って

頂いたものがたくさんある。

 写真にも写っているが,あまりにも汚いため,金属部分を磨き,

黒に塗装し直したポイントなどもご覧頂けるかと思う。

 今回は,運転がメインなので,あまり大きなレイアウトにはせず,小判型を複線にした。

 ポイントもあまり多用せず,写真の通りの待避線が数本作ったのみ。
 
 走らせた車両は,貨物(コキ等),ブルートレイン(24系25型),ローカル列車(キハ20,

キハ35,キハ40),気動車(キハ80,キハ181,キハ183,JR四国2000,N2000)。

 所有車両を列挙すると,所有者の年齢がわかってしまうほど,あまりに偏った保有車両。

 走る車両を見ていると,心も少し和んできたようだ。

 車両を見ながら,チューハイを飲む。これがいいなぁ。

P1160973.jpg

P1160978.jpg

P1160976.jpg

P1160979.jpg

P1160981.jpg

P1160999.jpg

新年明けましておめでとうございます。

ジオラマ製作を進めて参りましたが,その結果が下記の写真の通りです。

その他,候補案は次の通り。

2011nengaall.jpg

P1140173.jpg

P1140098.jpg

P1140143.jpg

P1140154.jpg

地面の塗装が終わり,カラーパウダーを散布,ボンド水で固めた後の写真です。

その後,塗装した細かいスポンジ(ターフという)の散布,ライケンの配置としてみましたが,

現在,ボンドで固めている(ボンド水の白い地面になっている)ので,後ほど写真をアップします。

地面ができてくると楽しいものですね。

P1140092.jpg

その後,ボンド水の地面は,ポイントにボンドがしみこみ,ポイントが動かなくなるという事態になってしまった。

結局,ポイント部分を取り外し,ポイントを分解し,掃除した後,再度ジオラマに設置しました。

やっと落ち着いたので,地面を塗装してみました。

ベースは,ダークアース,グレー,レッドブランを自由気ままに塗りました。

少しレッドブランがきつめですが,乾けば気にならないかなと思っています。

最後に,撮影用に入手したラッセル車も1枚撮影してみました。

締め切りが近いにもかかわらず,製作時間があまり無いので,あせってます。

後は,写真の通り,ライケンという草木を配置すれば,それなりのジオラマになると思います(ほんとか?)。(^^;

a_P1140085.jpg

a_P1140090.jpg

a_P1140058.jpg

P1140035.jpg

電車が走らない鉄道区間(非電化区間)の普通列車としてよく利用されていた車両,それがキハ40系。

キハ40系以外に非電化区間の主力普通列車があるが,私はこの車両が好きだ。

目にすることが多いのは,タラコ色とも言われる朱色の車両。

しかし,国鉄時代からJRへ変わってからは,地域毎にカラフルに色分けがされたキハ40系も走っていたようだ。

写真の中にある"月"もその1つ。この車両は,1995年に東日本旅客鉄道(JR東日本)が改造した団体臨時列車用の和式気動車で、お座敷列車「漫遊」の1つだ。

私が住む四国でもキハ40系列の普通列車が走っているが,その本数もずいぶんと少なくなってきている。

その無骨で,男らしい面構え,いたるところに汚れ,錆びがある車両をみると,哀愁を感じる。

単線で欄干も無いガーター橋を低速で通過する姿は,足を止めて見ずにはいられない。

しかし,数年すれば,見られなくなることは間違いないだろう。

幼い頃,目にした車両が消えていくことは,寂しさを感じる。

模型でしか眺めることができなくなるなぁ。

kiha48-2.jpg

getu2.jpg

getukiha40.jpg

getu.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち模型カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは情景です。

次のカテゴリは温泉です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ADs by Google

Google

ADs by Google

ADs by Google

ADs by Google

ADS3

ADs by Google


ジオターゲティング

ADs by Google

Powered by Movable Type 4.1