2009年10月アーカイブ

鉄道模型のレールも使わないと導通が悪いようです。

割と大き目の小判型のレイアウトを作成しました。
走らせたのは,北斗星仕様のDD51,JR北海道が誇るディーゼル機関車DF200,そして,最近入手したEF66。
これらの機関車を先頭に,ブルートレインを牽引させてみました。

後,おまけでDD13やED75という豆機関車も走らせて見ました。
ちなみにDD13は,KATO製。ED75は今はなき永大。懐かしいですね。

DD51は,動きは鈍いですね。EF66も動きはよくありませんでしたが,数周回走らせるとなじんできました。
EF66の方は,いい感じです。

ブルートレインが最盛期だった頃のように,十数両の客車を引く姿を再現したいものです。

現在,東京から西に向かうブルートレインは存在しないんですね。
時の流れなんでしょうね。
静寂の中に電気機関車の汽笛が鳴る情景も西では,ないんですね。

北に向かわないといけないかな。

f-P1050703.jpg

その変わった車体に惹かれてオークションボタンを「ぽちっ」としてしまった車両です。
元は,JR北海道のスーパーとかちに連結されている車両のようです。

私が所有しているのは,キハ82系(国鉄色),183系(JR四国カラー),2000系(JR四国,シルバー)くらいです。

そこで,このダブルデッカー車の塗装を落とし,キハ82系の中間車として生まれ変わらせようかと考えております。

デカール製作に必要なMD-5000プリンタも所有していますので,キハ82系の全ての塗装を落とし,アンパンマンラッピングをしてみようかなというウルトラCも考えています。

考えている時間が長いので,まだまだ実現はしそうにありませんね。

ちなみにアンパンマン列車は,次のところにあります。
四国以外でアンパンマン列車をご存じない方は,ご覧下さい。

http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/09-08-24/02/bessi.pdf

P1050693.jpg

tyuukannsya.jpg

all.jpg

DSC00037.jpg

DSC00039.jpg

DSC00040.jpg

仕掛品がまだ沢山ありますが,現在のところ,2点ですね。

一つは,山間の古びた鉄橋をイメージしました。スタイロフォームで地形を製作し,紙粘土で整形したものです。

あと一つは,リンゴ型のガラスの中に小さなジオラマを製作しようとしたものです。こちらは,少し,小さすぎましたね。

P1050113.jpg

P1050105.jpg

P1050120.jpg

P1050090.jpg

P1050101.jpg

トンネルポーターを設置してみました。

以前,紙粘土で土手を作っていましたが,トンネルポーターを設置するために,カッターナイフで取り除きました。

その後は,トンネルポーターの高さを調整しながら,大まかに設置しました。

高さ調整には,スタイロフォームの細切れを使いましたが,接着が完了しましたら,隙間に紙粘土をつめて綺麗に土手を作る予定です。

ジオラマは,すぐには進まないですね。



P1050076.jpg


P1050075.jpg

P1050081.jpg

P1050085.jpg

P1050089.jpg

普通サイズの車両は,通れませんが,DD13やBトレならばOKだと思っていました。

ですが・・・,Bトレを走らせたところ,後方部分の勾配がきつく車輪が空回りする現象が発生しました。

そこで,路盤の下に紙粘土をあてがい,かさ上げをしてみました(写真の通り)。

紙粘土が乾燥してから試運転してみます。

早くトンネル製作に進みたいものです。

DSC00012.jpg


DSC00016.jpg

近くのリサイクル屋を覗いてみたところ・・・

PSEマークが無い中古家電を売りにくくなった為,ホビーも買取しているリサイクル屋。

そのお店の中で見つけたDL。鉄道模型は,すくなからずあるが,どれもそれなりのお値段。

しかし目に付いたものは,ディーゼル機関車(ディーゼル好きにはたまらない。DD51だけでも4両所有している)。

説明によると,動力がおかしいらしく,その為,ほんと手ごろなお値段だった。

実際,夕食後,走らせて見るとなんら変わりなく,とても綺麗なDLでお買い得だったようです。

JR北海道管内で,寝台車を牽引して札幌まで送り届けてくれるDLですね。

DSC00001.jpg

DSC00006.jpg

DSC00009.jpg

阿波池田から琴平に戻る途中,路肩に車を止め,秘境駅である坪尻駅近くを撮影してみた。

上からみると全くわからない。

川が流れているのが,見えるだけ。

たぶん,坪尻駅から国道(撮影箇所)にあがってくるには,獣道を歩いて数十分くらいかかると聞いている。

国道に上がってもお店らしいものはないので,ヒッチハイクしないといけないだろうなぁ。

確かに景色は,良いのだが・・・。(^^;

DSC00048.jpg

DSC00044.jpg

DSC00046.jpg

DSC00050.jpg

箸蔵駅から車を走らせ土讃線沿いの国道を走る。

少しすると,吉野川に架かる大きな橋をわたる。片方は,高知に向けて走る国道,もう一方は,阿波池田駅に向かう道路。

阿波池田駅近くの食堂を目指して車を走らせた。

駅近辺の食堂を探す。しかし,日曜日ということもあり,あまりお店は開いていない。

仕方がないので,駅の横に併設されている喫茶店でカレーパンを少しまち,2つ揚げてもらった。

あつあつのカレーパンを口にほう張り,南風の行き違いを狙う。

岡山行きは,通常の2000系。高知行きは,新しくラッピンクされたアンパンマンオレンジ号。

今回は,やぎのミルクをつかったケーキを探しに行きましたが,阿波池田駅の横にある喫茶店で揚げてもらえるカレーパン(@200円)もおつなものでした。(^^;

天気がとてもよく,道中,秋祭りも行われていて,気持ちの良いお休みでした。

人生,こんな気持ちのいい時もあるもんだ。

DSC00042.jpg


DSC00016.jpg

DSC00024.jpg

DSC00025.jpg

DSC00030.jpg

DSC00031.jpg

DSC00036.jpg

DSC00037.jpg

DSC00039.jpg

DSC00040.jpg

DSC00041.jpg

やぎのミルクを使ったケーキを昨年食べたので,それをまた購入しに香川県,徳島県の境にある某所を訪ねた。

JR四国の秘境駅で知られる坪尻駅近く。猪ノ鼻峠を過ぎたところです。

しかし,休みなのか,すでにやめているのかわからない状態でした。(;;)

しかたがないので,もう少し先に進むことにした。

途中,生理現象が発生したので,近くのJR四国 箸蔵駅に寄った。

特急は,停車しないローカルな無人駅。いい感じでひなびている。

この後,お手洗いを借りて土讃線を高知に向けて車を走らせた・・・


DSC00004.jpg



DSC00010.jpg


DSC00007.jpg


DSC00006.jpg


DSC00011.jpg


DSC00015.jpg


DSC00012.jpg


このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ADs by Google

Google

ADs by Google

ADs by Google

ADs by Google

ADS3

ADs by Google


ジオターゲティング

ADs by Google

Powered by Movable Type 4.1