2008年10月アーカイブ

新しいジオラマシリーズを製作しているわけですが,2つは,通常通りの平面を主体にしたジオラマをしております。残り1つだけ実験的に製作しているジオラマの経過状況をお知らせします。

昨日,スタイロフォームを展示台に接着剤を使って接着したわけですが,発泡スチロール用の接着剤ではなかったため,一部,溶けてしまい凸凹の地面となってしまいました。
接着剤は,専用の物を使用するか,木工ボンドで対応するのが,一般的のようです。

さて,まずはじめにスタイロフォームの段差を丁寧にカッターで切り取り,イメージする地形に成形しました。

その後,石膏で作った岩肌を木工ボンドを混ぜた紙粘土でスタイロフォームに接着し,イメージする地形を作っていきました。

紙粘土は,乾きやすい為,水を紙粘土にかけながら成形しました。

現状は,写真の通りです。

P1030547.jpg
































P1030553.jpg

ジオラマは,No.11まで製作させて頂き,現在,3つを残すのみとなりました。
おかげさまをもちまして,その他のジオラマ,すべては,好評のうちに完売となりました。

現在手元に残っておりますミニジオラマは,7,8,11のみです。

さて,いままでのジオラマは,展示できる車両が,1台ととてもサイズが小さく満足のいくものではありませんでした。しかし製作者側にとっては,ジオラマのイメージが乏しくともなんとか形になるサイズでもありました(ボーと作っていけば,それなりに形になったものです)。

しかし,このままでは製作テクニックがあがりませんので,今回からは,少し大きめのサイズに取り掛かることになりました。

写真の通り,いままでのような平凡な複線区間を表現したもの,車両止めが2基設置された複線区間を表現したもの,最後に,立体表現を試験的に取り入れたジオラマの製作に取り掛かりました。

まだまだテクニックが備わっていない為,満足のいくものが出来上がるのか心配ですが,マイペースで製作して参ります。

進捗状況は,こちらで逐一アップさせて頂きますので,ご期待下さい。

P1030530.jpg

P1030527.jpg































P1030533.jpg
以前,オークションで中古品を購入しておいたアルミトランク(¥1,200,送料別)。
中古ながら内部も綺麗で,頑丈な良いものでした。

そのアルミトランクの中に,Zゲージで有名なメルクリン製のトランクをまねてジオラマを製作しようと日々考えておりました。

いつも考えてばかりで,全く進みませんが,「よいこらしょっと」と重い腰をあげて,近くのホームセンターにスタイロフォームとベニヤ板を購入してきました。

スタイロフォームは,1,820*910mm,厚み30mm(¥1,230)のものです。
ベニヤ板は,600*450mm,厚み5.2mm(¥260)を購入してきました。

早速,トランク内部の寸法をはかり,スタイロフォームをカッターナイフで切断し,木工ボンドをべったりと塗ったベニヤ板の上にスタイロフォームを載せて接着しました。

現状は,写真の通りです。接着するまで鉄道模型を置いて接着させています。

NEC_1227.jpg






















































NEC_1229.jpg

日本の情景も大好きですが,外国の情景,特にフランスの片田舎を疾走するTGV等は,大好きな景色の一つです。
そこで,FALLERという外国メーカーのストラクチャーを購入してみました。
これは,西ドイツ製のようで,実際,どこの地域の建物をモデル化したのかわかりませんが,いい味を出しています。この建物と牛を配置すれば,のどかな風景が広がるかと思います。

プラモデルとしての内容物は,日本のものよりも少しバリが多く感じられました。
ま,仮組みを行い,隙間はパテで埋めないと仕方がないですね。

それでも,今から楽しみです。

P1030480.jpgのサムネール画像
































P1030481.jpgのサムネール画像
































P1030485.jpg
































P1030482.jpg
































P1030483.jpg

タイトルの通り,仕掛中だったジオラマを製作しました。
線路脇に備え付けられている電気設備やキロポスト等の標識を設置してみました。
DE10の前面には,人を配置しました。
少しは,ジオラマらしくなったでしょうか。
レベル的には,まだまだですが,製作意欲は旺盛です。(^^)b
次からは,新たなジオラマ製作にかかります。

最後の写真は,ペーパー製のコンテナの展開図です。大量に製作中です。

P1030467.jpg
































P1030465.jpg
































P1030471.jpg
































遅々として進まなかったジオラマ製作の途中経過です。
ペーパーで作成したコンテナをアスファルト部分に置いて見ました。

やはり,ペーパーでの作成精度が高くないので,ちょっと・・・ですね。
プラ板のものは,プラ板が薄いため,90度に折り曲げる事が難しく製作は途中です。

ま,後はパーツや人物を配置してOKとしましょう。


P1030362.jpg
































P1030378.jpg

コンテナをアルプス製のドライプリンタ(MD-5000)で,プラ板に印刷してみました。
最初,0.5mmのプラ板に印刷しましたが,印刷途中でマゼンダのインクリボンが切れてしまい往生しました。でも,インターネットで先人の知識を拝借しましたところ,0.3mmであれば,可能ということがわかりましたので,小さいサイズのプラ板に印刷してみました。

結果は,写真の通りです。うまく行きました。

これで大量のコンテナを置いたコンテナヤードを再現できそうです。
次回は,0.3mmのプラ板を入手し,大量に印刷してみます。

プラ板に印刷するTipsとしては,つるつるした面を印刷するのではなく,少しざらつきのある面に印刷しなければ行けないようです。

P1030361.jpg

昨日と同じ場面を撮影してみました。
あれからエアブラシで線路周りを着色,その後,パウダーで緑を表現してみました。
アスファルト部分も上から着色し,ダーク感を表現してみました。
P1030343.jpg
地面は,まだ完成しておりませんが,試作したペーパーの貨物を置いてみました。
この貨物の図面がうまくいけば,プラ板にドライプリンタで印刷し,作成してみるつもりです。
貨物ヤードには,貨物が沢山ないとさまになりませんからね。

P1030339.jpg


このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ADs by Google

Google

ADs by Google

ADs by Google

ADs by Google

ADS3

ADs by Google


ジオターゲティング

ADs by Google

Powered by Movable Type 4.1